天国に持って行きたいアルバム


つまりはよく聴くアルバム殿堂入り編。

毎年やり忘れるお世話になったアルバムof the yearに先立って、殿堂入りを果たして常に聞いちゃうようなお気に入りアルバム達を紹介してこう的な企画。

洋楽部

bon iver/for Emma forever ago
bon iver/bon iver
bon iver/blood bank
arcade fire/Funeral
arcade fire/Neon bible
benjamin booker/benjamin booker
D'angelo and the vanguard/Black messiah
beirut/gulag orkestar
beirut/the flying club cup
beirut/the riptide
neutral milk hotel/In the Aeroplane over the Sea
James blake/James blake
James blake/Overgrown
Squarepusher/music for robots EP
Fatboy slim/Palookaville
gorillaz/Plastic beach
volcano choir/Repave
volcano choir/Unmap
Aphex twin/Selected ambient works 85-92
LCDsoundsystem/This is happening
Asgeir/In the silence
Nirvana/Never mind

邦楽部

Serph/vent
Serph/heartstrings
Serph/winter alchemy
Shako-pani/tia carat
thee michelle gun elephant/カルト・グラス・スターズ
蓮沼執太フィル/時が奏でる
環ROY/ラッキー
呂布カルマ/the cool core
志人/発酵人間


こんな感じ
思いついた順に書きました。
漏らしたのとかあるかも。


bon iver


bon iverの来日が決まって、僕は昨日中めったにないテンションとエネルギーで活動が出来た。

bon iverというのはアメリカのウィスコンシン州だか出身のバンドで、グラミーにも名を連ねるような大物バンドだ。

前回の来日が6年前だかで、volcano choir(bon iverのボーカル、Justin vernonが掛け持ちでやってたバンド。現在は解散)が3年前だったので、見逃した人やもう一度見たいって人達がわんさか集まるイベントになるだろうと思う。
僕もそこに足を運ぶつもりでいる。

bon iverとの出会いは、友人からCDを借りたことに始まった。
初めの印象は綺麗に纏まってはいるけど少し勢いに欠けるというか、静かすぎるという印象があった。

しかし冬に聴くと段違いにイイよと言われ、来る冬に聴いてみると、分かりやすいほど違って聴こえてきた。それくらい寒さや雪の中で映える音だった。

bon iverは出してるアルバム数も少ないのでかなり手軽に聴き始められると思う。

1stのFor Emma forever agoはアコースティックサウンドを基盤としてるアルバムで、ボーカルの天使ボイスと相俟ってそれはもう素晴らしい至福のひと時を過ごせる。必聴

2ndのbon iverはギターサウンドが強めになっているものの、どこか厳冬を感じさせる哀愁のようなものがある。冬性能はこっちの方が高い。もちろんこっちも必聴

EPのblood bankは、僕も入手に躍起になった。結局アマゾンで買うという失態をしてしまった。4曲しかないけれど、一曲目のblood bankからすでにキレキレでいてかつ音が細く繊細で、なんとなく居ても立っても居られない気持ちになる。エモいってやつなのかな。

ここでは書かないけど、volcano choirも最高だった。これのおかげでものすごくエレクトロニカに興味が湧いたし、ヘヴィループは避けられなかった。

ということを昨日思って過ごしていた。
これからますます寒くなるけど、このアルバム達がある限り平気でいられる。

半フィクション


今日は、熊本県は天草にある弁当の米田に足を運びませんでした。

普通にラーメン二郎仙台店に行きました。

弁当の米田のお弁当を食べて、贅沢な時間と南国の空気を目一杯吸って、久しぶりの休日をうまくリフレッシュに使いませんでした。

カフェでタバコ吸ってました。

天草を軽快な足取りで歩いていると、旅行者らしき人から写真を一緒に撮ってくれないか、と頼まれ、写真を撮りませんでした。

プリクラを撮りました。

帰りの飛行機に乗ると、さっきまでいた場所がこのスマートフォンより小さく見えて、たまにはこういうのもいいなあと、そう思えてくる小さな幸福を嚙みしめませんでした。

今から電車で帰ります。
天草のことを考えながら。

Big up 弁当の米田??


ブログ始めました


フォロワーがちょいちょい使ってるのを見てたら、ああ、こんなモダンな承認欲求の満たし方があるのか、と思いなんとなく始めました。

何についての記事を書くかは全く未定だけど、アルバムとか映画のレビューとかしたいなあとなんとなく思ってます。

ぶっちゃけもう飽きてきたからこれで終わります。