読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年お世話になったアルバムオブザイヤー2016

 

希望があったので去年に引き続き急遽開催決定致しました。

 

2016年に出たアルバムではなく2016年によく聴いたアルバムなので過去作とかめっちゃあると思います。

ただ去年と被らないようには配慮したい所存であります。

 

あと段々適当になっていくと思います。○○なサウンドが〜みたいなこと何回も言いたくないので。

 

1.Bon iver/22,a million

まぁDが一番好きなバンドBon iverの新作。前作、前々作とは打って変わってかなりのエレクロトロニカ調なサウンドに戸惑った人も多いはず。

前作までのフォークサウンドを踏襲し見事にエレクロトロニカとの融合を果たしていると、まぁDはそう思う。

 

2.whitney/Light upon the lake

インディー職人ぱんDお墨付きの新人バンド、Whitneyのデビュー作。もう超いい。1曲目のイントロ聴いた瞬間「これ俺が好きなやつだ」って思ったくらい良い。ゆったりした音の中に懐かしさを思わせるノスタルジーが潜んでる、まぁDはそう思う。そう思うよ。

 

3.Mndsgn/Yawn Zen

Mndsgn(マインドデザインと読む)。ずっとCD探し続けて最終的にアマゾン先輩に頼る羽目になりました。

このアルバム自体は2012年の作品で、今年2枚のアルバム「Body wash」を発表してました。あとから知りました。

ヒップホップなんだけどゆるい、テクノなんだけど張り切ってない、そして絶妙なメランコリィが中毒になります。

 

4.宇多田ヒカル/Fantome

復帰と同時に金字塔を打ち立てるという偉業を成した宇多田ヒカル

バドミントンを教えてる小学生も口ずさんでたし、その親子さんもアルバム買ってたし、俺がアルバム買ってきたその一週間後に母もアルバム買ってきたし、長らくシーンに居なかった「本物の国民的アーティスト」っていうものを体で感じた。

KOHHとか椎名林檎だとか豪華なアーティストとの共演も見所。

 

5.Jack Garratt/Phase

UKの新人アーティスト、Jack Garrattのデビューアルバム。ヒゲもじゃのお兄さんなんと24歳。若い。ぱんDと一緒。

この人のスゴイところは、ライブを全部1人で演奏するところ。右手でドラム、左手のキーボードでベース、時にルーパーを使い、時にギターというなんとも忙しそうな人。

ライブ映像を見るとスター性をとても感じるのでこれからの活躍に期待したい。

 

6.Yumi Zouma/Yoncalla

なんとなくアーティスト名が気になってたので、年の瀬に購入したアルバム。回数多く聴いてはいないけど、1発でハマった。

全体を通して浮遊感があって穏やか。遅くもなく速くもないので時を選ばずに聴ける安心感がありますね。これ聴いて死んだらめっちゃ安らかに死ねそう。

 

7.cloud nothings/cloud nothings

2011年に出たアルバムで、思い返すと今年かなり聴いた。

ヤケクソになった時とかイライラした時とか(主にバイト)、このアルバムの持つ軽さと爽快感でスッキリさせてた。

自分はThe ギターロック!みたいなものはそんなに好きではなくていつももう一捻りを求めるんだけど、このアルバムはシンプルでとても好き。

 

8.stars/Set yourself on fire

2005年のアルバム。

インディー系フォークが大好きな俺にとってはやっぱり大好きなアルバムで、他と違うのは混声ボーカルというところ。

なんとなくセンチメンタルな曲というのは非常に惹かれます。そんな感じ。聴いてる時「最高…」しか考えてないから何も言えん。

 

9.Nujabes/modal soul

2005年のアルバム。みんな大好き錦織圭の大好きなNujabes

洋楽ヒップホップではあるんだけどアーティストは日本人で、ジャジーなトラックが琴線に触れる。

とりわけluv(sic)シリーズはファンの中でも人気が高いのかluv(sic)シリーズだけを収録したアルバムが出るほど。

 

10.The Avalanches/Wild flower

アルバムが長くて通して聴いたのは5、6回くらいしかないんだけど、やっぱりそれでもAvalanchesの新作は素晴らしい。

正直最初の方は「アヴァランチズ?誰それ?」みたいな感じで、フジロックの時に初めて存在を知った。

1つ1つの曲がユニークでユーモアがあって面白いし、特に3曲目のFrankie Sinatraなんかは印象に残る。

 

というわけで2016年お世話になったアルバムオブザイヤーでした。

長くなりましたが最後まで読んでくれた誠実な読者の皆様、ありがとうございます。

それでは来年またこの場で。

 



長い長い春休みが終わろうとしているらしい、俺には何の報せもなく。
なんたる無礼だろうかと思う。怠慢な俺を怠慢な時間に留めておいて欲しいのに、春休みは俺に全く歩調を合わせようともしない。
だがどうしようもない。諦めることにする。

振り返ると、案外楽しい時間を過ごせたんじゃないかと思う。
東京観光、bon iverのライブ、群馬で遭難、荒れた飲み会、バイト、ツイッター、進級等々。
バイトを始める前は部屋にこもってツイッターの毎日。ずいぶんマシになった。

思えば自分は割と明るくなったように思う。初期からフォローしてる方々には分かるかもしれないが、1年半くらい前は死にたいだのなんだのほざいてたネガティヴ坊やであった。

今年度もなんか楽しいことがあるといい。えみつん騒動は割と楽しかった。

ではでは。


いい冬


仙台から東京に4泊5日の観光をしに来ました。
目的はbon iverのライブですが、色んな人に会いたいと思いまして1泊でいいところを引き延ばしました。

というわけで見てきました、bon iver。
いい冬、喜ばしい冬、という意味のフランス語(?)、bon hiverから取ったというバンド名。
その名の通り、冬に相応しいというか似合うというか、思わず冬を連想させるような曲を演奏するバンドです。

個人的に1番思い入れのあるバンドです。彼らに憧れてアコギとか買っちゃうくらい好きですね。

肝心のライブはというと、最高以外の言葉が見つかりませんでした。最高すぎて最高以外の言葉がすごいとヤバイしか言えなくなるくらい最高でした。泣きました。

Calgary、Towers、Lump sum、For Emmaなどなど期待してた曲はほぼやってくれたんですが、全てでは無かったのでちょっと残念です。欲張りすぎだとは思いますが…

音楽を好きでよかった、と認識出来る貴重なライブでした。
また機会があれば次も行こうと思います。


新年明けまして


おめでとうございます。

なんやかんやツイッターでは挨拶してなかったのでこの場で。

とりあえず僕は2016年も楽しく過ごしたいと思う。ただ、自分だけが楽しいだけではいけないので周囲の皆様にも何かしらやる時は一緒に楽しんでいただきたい。

今年こそ彼女作るって言うけどあんまり毎年頑張ってません。でもエッチなことはしたいので。無銭で。なので頑張ろうかなと、そういった所存です。

重ねて新年お祝い申し上げまして終わりの挨拶とさせていただきます。

ご贔屓に。

お世話になったアルバムof the year'15


お世話になったアルバムof the year
今年出たアルバムを評価するんじゃなくて、今年けっこう聴いたなあってアルバムを15選くらいしようと思う。古いアルバムとか定番も入るかも。
10選じゃ少ないし20は多いので15だ。


1.D'angelo and the vanguard/Black messiah
文句無しのエントリーナンバーワン。
俺の中では今年はこの人達の年。
サマソニのマウンテンステージ、モッシュゾーン二列目から見たアンジェロは人類で一番カッコ良かった。春にまた来るので、またあの勇姿を観に行こうと思う。

2.Asgeir/In the silence
アルバム出したのは去年?だと思う。
透き通る声とメロディラインに癒される日も多数。また来日しないかな…

3.志人/zymolytic human 〜発酵人間〜
押韻の固さと縦横無尽のフローを兼ね備えたリリシスト。日本語ラップってすげえなって思ったけどこの人は全体的に超越してる。ぜひ聴いてほしい一枚。

4.James Blake/James Blake
なんとなく虚しい時とかなんとなく切ない時とか、そんな時に隙間に入り込んでくれて落ち着ける、そんな一枚。2曲目のUnluckがかなり好き。

5.arcade flre/Neon bible
個人的にはarcade fireの中で最強のアルバム。捨て曲なしなんだけどあんまり評価高くない。持ってる人は夜に聴いてみて。

6.oneohtrix point never/garden of delete
通称ワンオク。鬼イカス。一発でこれやべえってなりました。エレクトロニカとかドラムンベースはハマるとずっと聴いてしまう。

7.Kanye West/My beautiful dark twisted fantasy
蟹江西。正直パフォーマンスだけの人だと思ってたけど、本当にカッコよかった。bon iverのwoodsのサンプリングもアツいけど個人的にはキンクリのサンプリングが好き。どっちも好き。

8.beirut/The riptide
beirutの三枚目。今年4枚目を出したbeirutだけど、ポップに寄り過ぎてた感じ。その点このアルバムはフォークとポップの釣り合いが取れていて聴き飽きない。

9.Serph/Heartstrings
オシャレでカワイいエレクトロポップ。
何がいいって言うのは難しいけど聴いてるとポップっていいな、大事だなって思わせてくれる。それがSerph。アルバムほぼ全部買いました

10.benjamin booker/benjamin booker
ロックンロールとブルースを股にかけた感じのブッカーのアルバム。この人はすごい楽しそうに演奏するから好きですね。ブラックミュージックっぽいグルーヴ感がイカしてる。

11.sufjan stevens/Carrie & Lowell
各音楽誌でも軒並み上位のこいつ。スフィアンと言えば俺の中ではイリノイだけど、こういうのもいいですね。チルれる一枚。

12.呂布カルマ/The cool core
呂布カルマの4枚目。バトルMCは曲がダサいって迷信を打ち破ったMCの1人。Dopeな世界観で大分中毒にさせられた。

13.shako-pani/tia carat
日本製ドリルンベース。複雑なリズムと哀愁のあるメロディがクセになる。2枚目に期待してるけど音沙汰なし。

14.cero/Obscure ride
今年のフジロックで見たかったなって人達。管楽器使ってるバンドは聴いてて落ち着くな。見れる機会も多いのでそのうちライブ行きたい。

15.bon iver/bon iver
これ選ぶのは正直ズルだと思う。毎年100回は聴いてるだろうし、お世話になったの今年だけじゃないからね。来日に期待ってことと来年も世話になるとの意味を込めて15番目に選びました。必聴だね。

以上。

正直2015年にリリースされたアルバムだけで打線組むのは無理。今年リリースのCD15枚くらいしか買ってないからね。

来年もいい音楽と出会えるといいですね。それではまたまた。

近況


近況報告

3月半ばからバイトを始めて、可愛くて彼氏ナシの気になってた女の子に彼氏が出来てた

可愛いし人付き合いも積極的だし蛇足になるがオタクだし悪くない、というか気の合う人だと思ってたが、そんな子を世の男達が放っておくわけもなく生存競争に敗退 
ましてクリスマス前だ
世の男達の目の色も変わるだろう

正直なところガッツリ好きだったわけでもなく気になる程度だったからショックは特になく、ツイッターのネタになったしトントンだなってのが感想
強がりとかではなく

こんな話をするのも、今日焼肉を一緒に食いに行ったリアル友人が「俺はワンチャンすら与えられない」と言っていたからだ

なるほど、ワンチャンに一喜一憂する俺もいれば、与えられない友人や飽和してる同期も存在するということらしい

わらしべ長者になって藁と引き換えにワンチャンもらいたい
無理だけどね

👎🏻

天国に持って行きたいアルバム


つまりはよく聴くアルバム殿堂入り編。

毎年やり忘れるお世話になったアルバムof the yearに先立って、殿堂入りを果たして常に聞いちゃうようなお気に入りアルバム達を紹介してこう的な企画。

洋楽部

bon iver/for Emma forever ago
bon iver/bon iver
bon iver/blood bank
arcade fire/Funeral
arcade fire/Neon bible
benjamin booker/benjamin booker
D'angelo and the vanguard/Black messiah
beirut/gulag orkestar
beirut/the flying club cup
beirut/the riptide
neutral milk hotel/In the Aeroplane over the Sea
James blake/James blake
James blake/Overgrown
Squarepusher/music for robots EP
Fatboy slim/Palookaville
gorillaz/Plastic beach
volcano choir/Repave
volcano choir/Unmap
Aphex twin/Selected ambient works 85-92
LCDsoundsystem/This is happening
Asgeir/In the silence
Nirvana/Never mind

邦楽部

Serph/vent
Serph/heartstrings
Serph/winter alchemy
Shako-pani/tia carat
thee michelle gun elephant/カルト・グラス・スターズ
蓮沼執太フィル/時が奏でる
環ROY/ラッキー
呂布カルマ/the cool core
志人/発酵人間


こんな感じ
思いついた順に書きました。
漏らしたのとかあるかも。